バナー

薄毛を促進する刺激物

薄毛には血行を良くするカプサイシンが効果的です。


カプサイシンは唐辛子に多く含まれ、刺激物や辛い料理を食べると新陳代謝が上がって血流改善につながります。

血流が良くなれば栄養が頭皮に行き渡るので、育毛剤の成分や食事の栄養素が供給されます。


しかし刺激物を過剰に摂取すると逆効果になって薄毛を促進します。

livedoorニュースの情報を幅広く扱っているサイトです。

唐辛子発汗作用があるので、食べると汗が大量に出ます。

頭皮にも毛穴があるので汗が出ますが、同時に皮脂腺から皮脂が分泌されるため、毛穴が詰まって発毛を促進する細胞まで栄養が届かなくなります。

詰まった毛穴の周りは汚れが蓄積しやすいです。
そこに汗やさらに汚れが付着すると、雑菌が繁殖して毛穴に炎症を引き起こします。



適度に刺激物で血行を良くすることは効果的ですが、食べ過ぎは頭皮全体に悪影響を与えます。

しかし唐辛子はその辛味から無理をしてたくさん食べられるものではありません。

刺激物は香辛料などの辛い食べ物が一般的ですが、日常的に飲むコーヒーや紅茶も含まれています。コーヒーに含まれるカフェインは体内に存在する物質おうち、発毛を促進させるアデノシンを破壊する作用があります。

コーヒーや紅茶もホットにすれば体が温まりますが、カフェインの過剰摂取は薄毛の原因となります。
またチョコレートなど糖分の多い食べ物も刺激物です。糖分は皮脂の過剰分泌を促進し、スナック菓子に含まれる塩分も量が多ければ体に悪影響を与えるため刺激が強いです。

ワイエスクリニックの口コミの検索がとっても楽になりました。